2018年10月17日 (水)

そして父になった ( ジャニーズ )

岡田准一さん、第一子誕生おめでとうございます!
男の子だろうなぁーって思ってました。笑
私の中でセオリーがあって。
夫婦間の上下関係。笑
奥さんの方が強い所は男の子、旦那さんのが強い所は女の子、って思ってます。
だから、岡田家は男の子だろうなって。笑
ほら、長野家も男の子だったじゃないですか。笑
# もし健くんが結婚して子供が産まれたとしたら
# 第一子は女の子だと思う。
ま、どっちに似たって可愛い子になるでしょうね。
第二子は是非とも女の子で、絶世の美女を育ててほしいです。
# 完全なる他人事なので気楽に言う。
てかさ、入籍した日はバッチリお知らせしてくるのに、子供の誕生日はボヤかすんですね。
どっちかって言ったら、入籍日は知らんでもいいんですが。
子供の誕生日は個人情報になるからなのかな。
顔も名前も知ることもないわけですが(今の所)、お祝いしたいなー。笑
誰か一緒にお祝いしません?笑
そのうち金曜さんかどっかが「産後の姿をキャッチ!」とか言って写真撮ってくるんじゃないかと思うので、幸せ全開でカッコいい写真にしてほしいです。
# 子供の顔は映されないことは承知。
ホント、マジで!恰好だけは!!注意してくださいよ!!!
撮るならせめてカッコよく撮ってくださいよ!!!
顔はいつでも最高にカッコいいんだけど(痩せてれば)。
金曜さんと言えば…例のアレ。
そう、健くんのやつ。
撮られるのはいいんだが、撮られ方!
真正面からバイク乗ってる姿撮られる(しかも顔見えてる)ってどういうことですか?
てか、車は運転しないけど、バイクは運転するんかい。
バイク運転する姿カッコいいね。 ←ん?
あ、全然熱愛はいいんですよ。
あの生活してて、彼女いたことにはビックリですけど、居てもおかしくないし、むしろ居てほしいし。
しっかり隠してほしい…とか言うような乙女心もないし。
# あのー…リーダーのお一人様満喫記事は載せんでいいと思う(^^;
# 見ちゃったけど。笑
健くんから幸せを貰ってる身分としては、健くんにも幸せでいてほしい。
「恋愛も結婚も全て勘違いの始まり」みたいなこと言ってるから、結婚しなさそうだなーって思ってたんですけど、結婚したいなら、出来るなら、してほしい。
ただ、ただ、だ。
こっからはただの強欲ですけどね。
分かってるんですけどね。
健くん本人から言わせたら、知ったこっちゃないって話なんですけどね。
健くんにはぐうの音も出ないような絶世の美女と結婚してほしい
今の私の推しは中条あやみ。
健くんが好きそうなご尊顔じゃない?
だが、いかんせん若いのが難点。笑
いや、ほらさ、私以前も書いたけど「待ってる嫁がキレイであればあるほどテンション上がる」って言う習性の持ち主だから。
マジで勝手な事言うけど、願わくば北川景子クラスを連れてきてほしい!
いや、今のお相手の方も十分おキレイな方だとは思いますよ?
思うんですけども、でもさ、「…どちら様?」みたいな人は止めてほしい…。
だったら一般人の方が勝手に絶世の美女想像出来る…。
いやー、勝手な事言ってる自覚は十分あります。
万が一何か間違って健くんがコレ読んだとしたら
知らねぇよ!
って言われることは分かってる。
十分分かっておりますとも。
でもホントこっちからしたら潔癖症とかどうでもいいから美女をお願いしたい。
それだけです。
にこ健も何だか真面目モードで、そんなに気にせんでもいいのになぁと思うわけです。
彼女が居たからって仕事の手を抜くような人ではないし、ファンの事を考えなくなる人でもないし。
熱愛を受け入れられるかられないかは、それぞれの応援スタンスにもよると思うし、「熱愛出たから舞台行けない…」みたいな乙女心をお持ちの方を否定するつもりもないんですが。
でも、全身全霊をかけて演じてる健くんを観に行かないのももったいないよーと言う思いはあります。
チケットあって、時間があるなら、観に行った方がいいと思う。
別にラブストーリーでもないんだし。
アクスタ可愛いし。笑
なんかJr.のアクスタと連結出来るらしいですね。
勿論、Jr.のアクスタを手に入れる予定はないんですけど、今後ツアーグッズとかになって連結して遊べるとかなったらどうしよう。
遊ぶ用買い足した方がいいんだろうか…。
6体欲しいよね、うん、6体!!!!!!
健くん、実現頼みますよ。
林くんも購入したらしいアクスタ。笑
ミスチルのドラムの方も購入したらしいアクスタ。笑
みなさんも是非。
一緒にシンジタケダになろう(年齢バレる)!笑
さぁて、お昼何食べようかな。
明日はコマメの遠足なので、レジャーシート買いに行ってきます。

井上一樹

井上一樹は解説聞いてると理論派っぽいしイイ2番に脳死でバントさせるのとか嫌がるタイプだし中村武志はわからん

セイダカアワダチソウとススキ

河川敷を散策しても
今年は
雑草や野草も咲が遅いのか
それとも
猛暑さのせい❓台風のせい?

  故  - ジミーの自然ブログ 


   (  高知西福音教会で 故久保内政春先生のご葬儀。 司式は息子さんの宣世牧師。 )

火曜の朝無事に高知へ着きました。 JR高速バスの二階建てのバスで 私たちはその二階の一番奥まったところ、廊下は一つで 隣りの男性は 私を跨いで 廊下側に出なければならず ちょっと不便な構造です。それでも後ろから押される心配は無く4〜5時間は休めました。わざわざ お忙しい先生に出迎えて頂いて 自宅に戻りました。
一休みして 教会に向かい 告別式に参列しました。多くの方が来て下さって 皆さん各々政春先生との思い出をお持ちの方のようです。息子さんであり 喪主でもある宣世牧師が全司式を行われ 故人の生涯について 楽しい思い出が紹介され 時に涙を誘いました。18才で受洗 以後77才迄 その人生を伝道と牧会に専念された人生。福音を率直に語り 大きな声で賛美される先生でした。
私にとって後期高齢者が始まる75才の誕生日が お葬式で始まるという? スタート!でもこれは天国へのスタートになる記念の日と言える内容に代えれました・・。故人が愛した賛美曲の全てに 神の御国への憧れが 唱われていました。天に昇った先生の霊が今頃 イエス様にお会いされているのを確信出来る賛美の連続でした。短い時間に多くの旧知の方とお会い出来ました。故人の活動の広さ 深さを感じました。
夜7時半 再び高速バスに乗り 東京へUターン。バス内は相変わらず満席 狭い通路には苦労します。しかしバスは順調に進み 朝東京へ入った時は 予定より1時間も早かった。新幹線への乗り継ぎがあるので それでも何時渋滞に遭うか 又交通事故に巻き込まれないかヒヤヒヤした気持ちはありましたが 東京駅でゆっくりモーニングをする時間が取れました。
さぁいよいよ東北への旅です。 お天気も回復、東北新幹線も 快調に走っています・・。

あおおく

多くの参列者が集い 故人を偲びました。

親族の順子姉妹の 特別賛美。

東京と高知往復の 高速バス。

いつも見る 吉野川。

もやのかかる 四国の山々。

少し 黄葉も始まっている・・、  杉の森。

何枚かは 紅葉台で見た 秋の花です。

ソックスブーツ

TV観て、ソックスブーツ欲しくなった

【みんな生きている】田口八重子さん・横田めぐみさん[シェーンバッハ・サボー]/UMK

−その命、見捨てますか?−
《インチキ遺骨ではなくて、拉致被害者を返せ!拉致被害者家族が大規模集会 全員帰国の協力訴え》
拉致問題解決を求める国民大集会が東京都千代田区のシェーンバッハ・サボーで開かれ、家族たちが被害者の1日も早い帰国を訴えました。
田口八重子さんの兄・飯塚繁雄さんは
「帰国しなければ何もならない」、
「帰国だけに焦点を当てた取り組み、対応をお願いしたい」
と語りました。
横田めぐみさんの母・早紀江さんは
「絶対に、これ(拉致問題)だけは、解決しなければなりません。泥棒に盗まれちゃったわけです、大事なものを」
と語りました。
集会には、拉致被害者の家族たちが出席し、被害者全員の帰国に向けた協力を訴えました。
安倍晋三首相は
「日・朝の間においても、今までの相互不信の殻を打ち破り、拉致問題の解決に向け、大きく踏み出さなければならない」
と述べました。
一方、集会に先立ち、安倍首相は家族たちと面会し、訪問先のアメリカで、拉致問題解決に向けて、ドナルド・トランプ(Donald John Trump)大統領のほかに韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談に臨むことを明らかにしました。
■田口八重子さんのご家族のメッセージ
http://www.rachi.go.jp/jp/message/movie_1.html
■田口八重子さんのご家族のメッセージ(英語版)
http://www.rachi.go.jp/en/shisei/keihatsu/videomessage_1en.html
■横田めぐみさんのご家族のメッセージ
http://www.rachi.go.jp/jp/message/movie_2.html
■横田めぐみさんのご家族のメッセージ(英語版)
http://www.rachi.go.jp/en/shisei/keihatsu/videomessage_2en.html
■「めぐみへの誓い−奪還−」PV
https://www.youtube.com/watch?v=J6cZyGknNi8
■「めぐみへの誓い−奪還−」(英語版)
https://m.youtube.com/watch?feature=share&v=VEQdbP3JlVo
■アニメ「めぐみ」
https://m.youtube.com/watch?v=OXGYACTRGjI
■VOA拉致問題動画
https://youtu.be/o2i_u8y8GJM
■政府拉致問題HP
http://www.rachi.go.jp/
■警察庁HP
http://www.npa.go.jp/
■宮崎県警HP
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/police/
■救う会全国協議会HP
http://www.sukuukai.jp/
■特定失踪者問題調査会HP
http://www.chosa-kai.jp/
■北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会HP
http://hrnk.trycomp.net/
■No Fence北朝鮮の強制収容所をなくすアクションの会HP
http://www.nofence.jp/
■北朝鮮人権人道ネットワークfacebook
http://www.facebook.com/nknet2015
■国連の北朝鮮人権調査委員会は2014年2月、北朝鮮帰還事業や拉致問題を含む北朝鮮政府による人権侵害を「人道に対する罪」と認定する最終報告書を発表しました。
<原文>
『Report of the Commission of Inquiry on Human Rights in the Democratic People's Republic of Korea』
https://www.ohchr.org/EN/HRBodies/HRC/CoIDPRK/Pages/ReportoftheCommissionofInquiryDPRK.aspx
<日本語訳>
『北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)最終報告書』
https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page18_000274.html
■加藤 健ブログ「天を回せ!ロビー活動で挑む」
http://kenkato.blog.jp/
■ベナTVHP
http://www.benamu.org
■ベナTVブログ
http://blog.naver.com/benamu1004
■ベナTVFacebook
http://www.facebook.com/bnatv1004
■北朝鮮を離れて自由へ★イ・エラン★のブログ
http://blog.goo.ne.jp/aeran2000
■姜哲煥(カン・チョルファン)さん動画
https://www.youtube.com/watch?v=T8wXjTN2W8E&feature=youtu.be
■脱北者トーク番組動画
https://www.youtube.com/watch?v=KJZWxe9P-L8&feature=youtu.be
■脱北者・金柱聖さんの動画[前編](日本語訳付き)
https://www.youtube.com/watch?v=zCPxzwHK8fQ&feature=youtu.be
■脱北者・金柱聖さんの動画[後編](日本語訳付き)
https://www.youtube.com/watch?v=bq4sYy6d6EA&feature=youtu.be
■脱北者・金柱聖さんの動画(3)
https://youtu.be/pMC2G7akiiM
■ベナTV(日本語版)
https://www.youtube.com/watch?v=4YHLDtOoJOo
■ベナTV(日本語版)動画
https://www.youtube.com/watch?v=KeCTTaSgwx4&feature=youtu.be
■ベナTV(日本語版)動画
https://www.youtube.com/watch?v=_WZoh00PGV8
■ベナ救出団:日本語(1)
https://youtu.be/USkALHXYyfI
■ベナ救出団:日本語(2)
https://youtu.be/W9yxZD9sjuM
■ベナ救出団:日本語(3)
https://youtu.be/Mv2kbq4hamU
■ベナ救出団:日本語(4)
https://youtu.be/xpocs10Hx0E
■ベナ救出団:日本語(5)
https://youtu.be/SYT--pNiFqc
■ベナ救出団:日本語(6)
https://youtu.be/p1MN3RHXQBc
◆昭和53(1978)年6月頃
李恩恵(リ・ウネ)拉致容疑事案
被害者:田口八重子さん(Yaeko Taguchi)
(拉致被害時22歳)
※This person was Abduction by North Korea
昭和62年11月の大韓航空機(KAL)爆破事件で有罪判決を受けた元北朝鮮諜報員金賢姫(キム・ヒョンヒ)氏は「李恩恵(リ・ウネ)」という女性から日本人の振る舞い方を学んだと主張している。この李恩恵は行方不明となった田口さんと同一人物と考えられる。
北朝鮮側は、田口さんは1984(昭和59)年に原 敕晁さんと結婚し、1986(昭和61)年の原さんの病死後すぐに自動車事故で死亡したとしているが、これを裏付ける資料等の提供はなされていない。
平成21年3月、金賢姫氏と飯塚家との面会において、金氏より田口さんの安否にかかる重要な参考情報(注)が新たに得られたことから、現在、同情報についての確認作業を進めている。
(注)金氏の発言:「87年1月にマカオから帰ってきて、2月か3月頃、運転手から田口さんがどこか知らないところに連れて行かれたと聞いた。86年に一人暮らしの被害者を結婚させたと聞いたので、田口さんもどこかに行って結婚したのだと思った」
※「八重子さんが北朝鮮の南浦港に着いたとき、女性通訳に“私には子供が二人いて、どうしても日本に帰らなくてはならないので、返してほしい”と何回も言ってお願いしたそうです。八重ちゃんの思いは最初から最後まで子供のことでいっぱいでしたし、今でも間違い無く“今、彩ちゃんはいくつになって、耕ちゃんはいくつになった”と毎年計算して、どんな大人になったか知りたがっているはずです。すごく会いたがっていると思います」
(拉致被害者・地村富貴恵さんの証言)
■埼玉県警HP
http://www.police.pref.saitama.lg.jp/
■救う会埼玉HP
http://sukuukai.gozaru.jp/
■拉致問題を考える川口の会HP
http://kawaguchi.aikotoba.jp/list.htm
■上尾市民の会HP
http://www.emo.co.jp/rachi/list.html
[In or around June 1978: Lee Un-Hae abducted]
Abductee: Yaeko Taguchi (22, female, Unknown)
Kim Hyon-Hui, a former North Korean agent convicted of the bombing of a Korean Airlines jet in November 1982, claims to have been trained to blend into Japanese society by a woman named Lee Un-Hae. Lee Un-Hae is thought to be Yaeko Taguchi, a woman reported as missing in Japan.
North Korea asserts that Ms. Taguchi married Tadaaki Hara in 1984 and, soon after Mr. Hara’s death from illness in 1986, died in an automobile accident. North Korea has, however, provided no documents or evidence to support these claims.
At a meeting in March 2009 between members of the Iizuka family, relatives of Ms. Yaeko Taguchi, and Kim Hyon-Hui, important new information regarding the whereabouts of Ms. Taguchi (see note) was gained from Ms. Kim. The GoJ is currently working to confirm this information.
Note: Ms. Kim said: "After returning from Macau in January 1987, I heard from a driver in February or March that Ms. Taguchi had been taken to an unknown location. I'd heard that in 1986 an abductee living alone had been made to marry, so I thought that Ms. Taguchi must also have gone somewhere to get married."
◆昭和52(1977)年11月15日
少女拉致容疑事案
被害者:横田めぐみさん(Megumi Yokota)
(拉致被害時13歳)
※This person was Abduction by North Korea
新潟市において下校途中に失踪。
平成16年11月に開催された第3回実務者協議において、北朝鮮側はめぐみさんが1994(平成6)年4月に死亡したとし「遺骨」を提出したが、めぐみさんの「遺骨」とされた骨の一部からは同人のものとは異なるDNAが検出されたとの鑑定結果を得た。
平成18年4月には日本政府の実施したDNA検査により、横田めぐみさんの夫が昭和53年に韓国より拉致された当時高校生の韓国人拉致被害者・金英男(キム・ヨンナム)氏である可能性が高いことが判明した。
※「白い翼でも黒い翼でも、赤い翼でも青い翼でも、何でも結構なんで、帰って来られる翼をめぐみに与えてほしい」
(横田早紀江さん。拉致被害者・横田めぐみさんの母)
※「正義は必ず勝つ、と私は信じていますので、あとしばらくお力をお貸しください」
(横田哲也さん。拉致被害者・横田めぐみさんの弟)
■新潟県警HP
http://www.police.pref.niigata.jp/
■神奈川県警HP
http://www.police.pref.kanagawa.jp/
■あさがおの会HP
http://www.asagaonokai.jp
■ブルーリボンの祈り会/スイス日本語福音キリスト教会HP
https://www.jegschweiz.com/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%A5%88%E3%82%8A%E4%BC%9A/
■アニメ「めぐみ」
https://m.youtube.com/watch?v=OXGYACTRGjI
[November 15, 1977: Young girl abducted]
Abductee: Megumi Yokota (13, female, Niigata Prefecture)
Disappeared on her way home from school in Niigata City.
During the third round of Japan-North Korea Working-Level Consultations in November 2004, North Korea claimed that Megumi Yokota died in April 1994 and handed over what it claimed were her remains. DNA analysis, however, indicates that some of the bones from these remains belong in fact to a different person or persons.
Additional DNA analysis conducted in April 2006 by the GoJ indicated a high probability that Kim Young-Nam, a Korean citizen abducted from the Republic of Korea in 1978 when he was a high-school student, was married to Ms. Yokota.
◆昭和55(1980)年6月中旬
辛光洙(シン・グァンス)事件
被害者:原 敕晁さん(Tada-aki Hara)
(拉致被害時43歳)
※This person was Abduction by North Korea
宮崎県内で発生。
本件については、北朝鮮工作員・辛光洙(シン・グァンス)が韓国当局に対し、原さん拉致を認める証言をしている。
捜査当局は辛光洙について、これまで原さんに成りかわった容疑で逮捕状の発付を得て国際手配するとともに、政府として北朝鮮側に身柄の引渡しを要求してきたが、平成18年4月には、新たに拉致容疑の主犯として逮捕状が発付されている。
北朝鮮側は身柄の引渡しに応じていないどころか、同人を「英雄」として称えている。
また、捜査当局は原さん拉致容疑の共犯者である金吉旭(キム・キルウク)についても逮捕状の発付を得ており、国際手配を行うなどの所要の措置を講じている。
北朝鮮側は、原さんは1984(昭和59)年に田口八重子さんと結婚し、1986(昭和61)年に肝硬変で死亡したとしているが、これを裏付ける資料等の提供はなされていない。
※「辛光洙は原 敕晁さんになりすますために、原さんについてのあらゆることを調べあげた。それこそ、チャーハンの作り方まで調べあげた」
(石高健次さん)
■大阪府警HP
http://www.police.pref.osaka.jp/
■宮崎県警HP
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/police/
【荒木和博・特定失踪者問題調査会代表による原 敕晁さん拉致事件の解説】
昭和55年(1980)年6月中旬、当時大阪市天王寺区の中華料理店『宝海楼』に勤めていた原 敕晁(はら・ただあき)さん(当時49歳)が北朝鮮工作員・辛光洙の主導により、『宝海楼』店主の李三俊らによって宮崎市青島の橘ホテルで飲食させられた後、海岸まで誘い出されて拉致された。
辛光洙は北朝鮮に帰国して工作員の再教育を受けていた際、指導部の幹部から「日本人を拉致し、本人になりすまして在日工作を続けよ」との指令を受け、李吉炳(在日朝鮮人大阪府商工会長)、李三俊(在日朝鮮人大阪府商工会元理事長)らと計画を練り、李三俊が経営する中国料理店『宝海楼』のコックとして勤務していた原さんに対し「良い職場を世話する」とだまして宮崎県日南市の青島海岸まで連れ出し、橘ホテルで飲食させて酔わせ、海岸に連れ出した後、「こどもの国」付近の海岸で工作員らに引き渡し、辛光洙も同行して北朝鮮に拉致していった。
このあと辛は、原さんを監禁した招待所で原さんから本人の経歴、家族の構成、過去の生活から中国料理法までマスター、完全に本人になりすまして同年11月、再び日本に密入国し、原さん名義の旅券、運転免許証、国民保険証などの発給を受け、韓国へ渡航するなどしてスパイ活動を続けていた。
辛は昭和60年(1985)2月26日ソウルで逮捕された。同年6月28日付『朝日新聞』の記事には次のように記載されている。
[以下、記事引用]
(国家安全企画部)の発表によると、主犯の辛は北朝鮮の最高首脳から「日本人をら致し、本人になりすまして在日工作を続けよ」との指令を受け、八〇年四月、李三俊・在日朝鮮人大阪府商工会元理事長らと計画を練り、李氏が経営する中国料理店「宝海楼」=大阪市天王寺区下味原=に勤める日本人コック原 敕晃(ただあき)さん(四九)が独身で身寄りの少ないことに目をつけた。八〇年六月、原さんを「良い職場を世話する」とだまして宮崎県青島にある李吉炳・在日朝鮮人大阪府商工会長所有の別荘に連れ込んだ。さらに青島海水浴場の児童公園に誘い出したうえ、ここで待ち構えていた北朝鮮工作員四人と力ずくで口をふさぎ、手足をしばった後、袋に入れて八人乗りゴムボートで五百メートル沖に待機していた北朝鮮の工作船に移し、辛が同行して北朝鮮へ連れ去ったという。このあと辛は、原さんの経歴、家族の構成、過去の生活から中国料理法までマスター、完全に本人になりすまして、八〇年十一月、日本に不法入国し、原さん名義の旅券、運転免許証、国民保険証などの発給を受け、韓国へ来るなどしてスパイ活動を続けていたという。
[Mid-June 1980: Sin Kwang-Su case]
Abductee: Tadaaki Hara (43, male, Miyazaki Prefecture)
Disappeared in Miyazaki Prefecture.
North Korean agent Sin Kwang-Su has confessed to authorities in the Republic of Korea that he was responsible for the abduction of Mr. Hara. Japanese authorities issued an arrest warrant for Sin Kwang-Su as the person responsible for the abduction, and listed him with Interpol. The GoJ has demanded that Sin Kwang-Su be extradited to Japan, and in April 2006 issued a new arrest warrant that names him as the main suspect in this abduction case. Showing no willingness to extradite him to Japan, North Korea has instead honored Sin Kwang-Su as a hero. Japanese authorities have also issued an arrest warrant for Kim Kil-Uk, believed to be a co-conspirator in the abduction of Mr. Hara, and are working on the steps necessary to list him with Interpol.
North Korea asserts that Mr. Hara married Yaeko Taguchi in 1984 and that he died of hepatic cirrhosis in 1986. North Korea has, however, provided no documents or evidence to support these claims.
《特定失踪者・林田幸男さんについて》
◆氏名:林田 幸男
(はやしだゆきお)
(Yukio Hayashida)
◆失踪年月日:昭和63(1988)年7月17日
◆生年月日:昭和9(1934)年12月2日
◆性別:男
◆当時の年齢:53歳
◆当時の住所:宮崎県児湯郡高鍋町
◆当時の身分:会社社長
◆特徴:左あごにほくろ
◆失踪場所:宮崎市の大淀川河口
【失踪状況】
友人と2人で林田さん所有の遊漁船「共擁丸」(1トン)で午前4時頃出港、その後消息を絶つ。油津海上保安部へ届け出。
海と空から捜索を続けたが見つからず。
パーソナル無線を持っていたのに連絡がない。
べた凪だった。
当時近くの海岸では不審船が目撃され、警察も注意を呼びかけていた。
平成16年9月27日、宮崎県警に告発状提出。
《特定失踪者・水居 明さんについて》
◆氏名:水居 明
(みずいあきら)
(Akira Mizui)
◆失踪年月日:昭和63(1988)年7月17日
◆生年月日:昭和11(1936)年3月12日
◆性別:男
◆当時の年齢:52歳
◆当時の住所:宮崎県宮崎市神宮西2丁目
◆当時の身分:不動産会社経営
◆失踪場所:宮崎市の大淀川河口
【失踪状況】
釣り仲間の友人・林田幸男さんと、林田さん所有の遊漁船「共擁丸」(1トン)で午前4時頃出港、その後消息を絶つ。油津海上保安部に届け出。
海と空から捜索を続けたが見つからず。
パーソナル無線を持っていたのに連絡がない。
べた凪だった。
当時近くの海岸では不審船が目撃され、警察も注意を呼びかけていた。
《特定失踪者・和田幸二さんについて》
◆氏名:和田 幸二
(わだこうじ)
(Kouji Wada)
◆失踪年月日:昭和63(1988)年8月19日
◆生年月日:昭和32(1957)年5月20日
◆性別:男
◆当時の年齢:31歳
◆当時の住所:宮崎県日南市南郷町
◆当時の身分:漁師
◆身長:173cm
◆失踪場所:宮崎県南那珂郡南郷町自宅近所
【失踪状況】
未明に飲食店から友人を車で送り届けた後失踪。車も見つかっていない。
次の日はカツオ漁のために出航する予定だった。
林田幸男さん、水居 明さんの失踪約1か月後。
不確定だが複数の目撃証言がある。
《特定失踪者・岩本美代子さんについて》
◆氏名:岩本 美代子
(いわもとみよこ)
(Miyoko Iwamoto)
◆失踪年月日:平成7(1995)年11月5日
◆生年月日:昭和33(1958)年12月20日
◆性別:女性
◆当時の年齢:36歳
◆当時の住所:宮崎県宮崎市佐土原町
◆当時の身分:会社員
◆身長:155cm
◆体重:50kg
◆特技:写真が得意だった
◆失踪場所:宮崎県宮崎郡石崎浜海岸
【失踪状況】
朝、男性と日向近辺に美代子さんの運転でドライブに出かけたが、日向大橋までで計画中止して住吉の動物園の駐車場で昼12時頃別れた。
石崎浜海岸に本人所有の車が鍵がついたまま発見される。
その後一切連絡なし。
◆昭和53(1978)年6月頃
元飲食店店員拉致容疑事案
被害者:田中 実さん(Minoru Tanaka)
(拉致被害時28歳)
※This person was Abduction by North Korea
欧州に向け出国したあと失踪。
平成14年10月にクアラルンプールで行われた日・朝国交正常化交渉第12回本会談及び平成16年に計3回行われた日・朝実務者協議において我が方から北朝鮮側に情報提供を求めたが、第3回協議において北朝鮮側より北朝鮮に入境したことは確認できなかった旨回答があった。
平成17年4月に田中 実さんが拉致認定されて以降、政府は北朝鮮側に対し即時帰国及び事案に関する真相究明を求めてきているが、これまでに回答はない。
■兵庫県警HP
http://www.police.pref.hyogo.lg.jp/
■救う会兵庫HP
http://www.sukuukai078.net/04.html
■救う会兵庫facebook
http://www.facebook.com/sukuukai078
[In or around June 1978: Former restaurant worker abducted]
Abductee: Minoru Tanaka (28, male, Hyogo Prefecture)
Disappeared after departing Japan for Europe.
The GoJ requested that North Korea provide information on this case at the 12th round of Japan-North Korea Normalization Talks held in Kuala Lumpur in October 2002 and all three Japan-North Korea Working-Level Consultations held in 2004. During the third round of consultations, North Korea asserted that there is no evidence that Mr. Tanaka had ever entered North Korean territory.
Since April 2005, when the GoJ officially identified Minoru Tanaka as an abductee, the GoJ has demanded that North Korea immediately allow him to return to Japan and provide a full accounting of his case. North Korea, however, has not responded.
【SEA OF MERCY】
The book named “Sea of Mercy”
13-year- old junior high school student Takeshi Terakoshi was abducted in May 1963.
He went fishing with his two uncle, Shoji and Soto-o Terakoshi. The fishingboat named Kiyomaru left for the fishing ground nearby Noto island, Ishikawa prefecture.
Kiyomaru encountered North Korean spy vessel. Spies were afraid of detection.
Soto-o and Takeshi were abducted and carried to Chong-jin city. Shoji was considered to be killed at the site.
Families, fellow fishermen and coast guard searched the area, but they could find only Kiyomaru and Takeshi’s school uniform.
They thought 3 persons were in disress and died. Funeral service was held.24 Years were passed.
In 1987, Soto-o’s sister received the letter from Soto-o and surprised.
Soto-o wrote “Takeshi and I am living in Gusong, North Korea”.
Takeshi’s father and mother visited to North Korea in1988 and met with Soto-o and Takeshi.
But they couldn’t say how they carried to North Korea because NK officials watched them.
North Korea made the story of their shipwreck accident and lifesaving.
Since then, Takeshi’s parents visited to him a lot of times but Takeshi and his family members cannot say that Takeshi and his uncles were abducted.
In 1997, Megumi Yokota case was appeared in the media and the national congress. Terakoshi’s case was also observed as an abduction case. But “he” denied that he was abducted and praised North Korea and the Kim family.
In December 2001, Pyongyang publishing company published a book named “Sea of Mercy”.
The author is Kim Myong-ho, Takeshi’s Korean name.
In that book, Takeshi wrote that they are not the abduction victims but happily living in North Korea after they ware saved. Moreover “he" denied other abduction case such as Megumi Yokota and Yaeko Taguchi in this book.
Nine months later, Kim Jong-il admitted and appologized for the abduction activities.
But North Korea still denies Terakoshi’s case as abduction and Takeshi and his family cannot say he was abduction victim because Takeshi himself is a hostage.
“Sea of Mercy”, the title is a symbol of North Korean regime.

10月16日(火)のつぶやき - kentodepth - goo日記

@kentodepth 10-15のポスト数:7 (うちRT:0)
kentodepth (@kentodepth) 2018年10月16日 - 00:00

kentodepth
今日の天気:曇り 最高気温22度
ツイート数:6(前日比:-1)
RTした数:0(前日比:0)
RTされた数:0(前日比:0)
送ったリプライ数:1(前日比:0)
受け取ったリプライ数:1(前日比:0)
kentodepth (@kentodepth) 2018年10月16日 - 08:36

kentodepth
いいねした数:0(前日比:0)
いいねされた数:0(前日比:0)
フォローした数:0(前日比:0)
フォローされた数:0(前日比:0)
utabami.com/TodaysTwitterL…
kentodepth (@kentodepth) 2018年10月16日 - 08:36

kentodepthの公式Youtubeチャンネルが出来ました
配信限定シングルのPV等の動画をアップしていきますので、チャンネル登録よろしくお願いします
youtube.com/channel/UCZ1tz…
kentodepth (@kentodepth) 2018年10月16日 - 08:42

kentodepthの公式サイトが出来ました
ニュースやディスコグラフィー等が載ってます
kentodepth.amebaownd.com

#kentodepth
kentodepth (@kentodepth) 2018年10月16日 - 16:42

五ヶ瀬ハイランドスキー場のCM ( 日々の出来事 )

ここ数年、ウィンターシーズンの到来と共に(ほぼ)九州方面(だけ)で
話題沸騰となっている、
五ヶ瀬ハイランドスキー場のCM
を、皆さんご存知でしょうか(私はつい先ほどまで全く知りませんでした)。
ひょんなことで知り、気になって初年度版(2013年)から
最新の2018年度版までイッキに観てしまいました。
なかなか攻めているというか、ワンシーズンのCMだけで各10パターン以上あり、
地方限定ならではの思い切った感あり、パロディあり、次はどうなる?感ありで、
魅せてくれるんですねぇ。こっちでも放送したらウケると思うんだけどな。
そして何より、主役の「南ちゃん」の 超ド級の可愛さ(笑)。
まだまだ世に出ていない、未知の強豪はいるものですねぇ。
ということで、2013年の初年度板から。
この年はお色気要素が強く、まだ南ちゃんの登場はありません。
そしてTV局からは放送規制が掛かり、深夜のみのオンエアだったとか。
2014年版。
南ちゃん、初登場。てっちゃんというボーイフレンドとの恋物語が始まります。
前年度のCMをところどころで反省しつつ、まだセリフ棒読みの南ちゃんの
初々しさが印象に残ります(笑)。
2015年版。
なんと、この年は南ちゃんと、もう1人の「新・南ちゃん」の三角関係という
設定です。しかし「新・南ちゃん」の登場はこの年だけ。
2016年版。
前年に二股をかけていたてっちゃんの反省と南ちゃんの再会から始まり、
すきま風が吹いたり、投げやりなナレーションがあったり(笑)、
またヨリが戻ったりをくりかえし・・・最後は驚くべき展開が待っています(笑)。
2017年版。
この年は地元の人が多数出演。町長さんにスキー場の副支配人、なぜか南ちゃんに
ビンタされるインストラクター(笑)、中学生男子、ブドウ農家の皆さん等々。
アノ映画のパロディに、南ちゃんが歌う主題歌も。
2018年版。
前年のスキー場の集客が全く思うようにいかず、都会に出て営業をする南ちゃん。
しかし都会の風は無情に冷たいのでした。持ち前の明るさで頑張る南ちゃん!
この五ヶ瀬ハイランドスキー場は、
宮崎県北部の熊本県との県境に位置する、日本最南端のスキー場。
標高1,600mを超える北斜面に位置するため、毎年12月上旬には
滑走が可能となります。九州という土地柄、昔ながらのコアな
スキーヤーが存在しないため、来場客のほとんどが若いスノーボーダー
なのだそうです(一部、wikiより抜粋)。
話題性のあるCMにワリに営業的にはまだまだ厳しい部分もあるようで、
ぜひボーダーの皆さんには遠方からも足を運んで頂き、
この宮崎のスキー場を盛り上げて頂きたいと思います。
(私自身はウィンタースポーツ、全くもうヤラんので・・・ 笑)
来年度版(2019年)のCMも楽しみに待っています!
(しかし、スキー場のHPを見ると「さよなら南ちゃん」の衝撃TOP画像が 笑)

世界街歩き - 40代の歩き方

出張が無事に終わりました。

かつて母校だった場所が出張先だったのですが、

まさかスターバックスまでできていてビックリ


そのあと、半日時間ができたので神戸の街を3時間半ひたすら散歩。

目的もなく歩き始めたものの、旧居留地の海岸通りのあたりから

古い建物を見て回り始めました。

神戸郵船ビルが「大きな人サイズの服屋」となっていて、

なんだか勿体無いと思うのは失礼なのかな。

内部も見たかったけど、入りづらい。

最終的に初めて(といっても夏と冬に少し)通った予備校があったところまで歩いたのですが、

すでにその場所から移転していて、

ネットで検索したらその予備校は今年春に閉校したとのことでした。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201803/0011093250.shtml

20年も経てば、色々変化はある一方で、

自分が生まれるずっと前からある古い建物も残っていたりする。

そろそろ自分が知らない街を歩けるうちに歩いておきたいな〜。

木村拓哉の次女K??ki,が新聞広告に登場 新人ながら大プロジェクトに抜擢されたワケ

木村拓哉の次女K?ki,が新聞広告に登場 新人ながら大プロジェクトに抜擢されたワケ
2018/10/16 22:00 リアルライブ
 ファッションモデルのK?ki,が10月15日の全国各地の新聞広告に登場し、話題となっている。10月20日の「新聞広告の日」にあわせたもので、各紙ごとに異なる番号と、ひらがな1文字が書かれており、ひとつのメッセージとなる。
 広告は16日まで日本新聞協会特設サイトでも公開されており、全国の都道府県をクリックすると画像が浮かび上がるネットと新聞のコラボ仕様となっている。なぜ、このプロジェクトにK?ki,が選ばれたのだろうか。
 「K?ki,は今年5月発売のファッション雑誌でデビューを果たしました。いわば今年の旬の人ということで選ばれたのでしょう。さらに、父親は元SMAPの木村拓哉、母親は歌手の工藤静香ですから、知名度は抜群です。新聞は中高年向けのオールドメディアといえますから、全国の幅広い層に彼女の姿をお披露目する目的もあるのではないでしょうか」(業界関係者)
 確かに、ネット上でも「これはマジで女装したキムタクだな」「母親の工藤静香的な要素はあまりないかも」といった、Koki,のルックスをあらためて確認するような声も多い。
 「最近では木村もバラエティ番組に多く出演するなど露出を増やしていますから、K?ki,のお披露目を周知したあとには、テレビ番組での親子共演などもあるのではないでしょうか。今後は年末年始特番のシーズンですしね。なにかとアンチの対象になりやすいともいえますが、それも知名度の高さゆえかもしれません」(前出・同)
 いまのところK?ki,のテレビ出演は、大塚製薬の『ボディメンテ ドリンク』のCMに限られている。全国的な新聞広告の登場で、今後さらに露出を増やして行く可能性はありそうだ。
【関連記事】
キムタクの次女・K?ki,が世界2大ブランド…
K?ki,のCM撮影に工藤静香が同行 母娘共演…
V字回復なるか?ブルゾンちえみ「生きづら…
大沢たかお、俳優業を2年休業していた ネ…
酒井法子、恩人の息子からの訴訟内容がか…
最終更新日
2018/10/16 22:00
リアルライブ
このネタ読んでどう思う?
0
21
このネタへのコメント
27件並び替え
コメントを書く
匿名希望 さん
2018/10/16 22:23
亡くなった地下アイドル見たいな子もいるのにな。
反感しかないわ。
そうだね!18ポイ違反報告
匿名希望 さん
2018/10/16 22:24
誰か教えてあげて。
この子も親も嫌われてるよ。
そうだね!15ポイ違反報告
匿名希望 さん
2018/10/16 22:11
ワケ?
良し悪しはともかく、話題性はあるからでしょ?
この子の将来を考えるなら、もう少し売り出し方に気を使ってあげればいいのにと思う。
あの新聞広告は、最悪。
そうだね!12ポイ違反報告
匿名希望 さん
2018/10/16 22:16
顔デカくない?
姿勢も悪いから頭重いのかなって思っちゃうわ
そうだね!11ポイ違反報告
匿名希望 さん
2018/10/16 22:10
この子はしゃべるとがっかりするから、
モデルだけやってたほうがいいと思う。
そうだね!11ポイ違反報告
さらに5件表示
自分の書いたコメント

«森保ジャパン